コーヒーダイエット

コーヒーダイエット

コーヒーダイエットという名前のダイエット方法は、テレビで紹介されたことから話題となったダイエット方法です。
しかしコーヒーダイエットの持つ効果というのは、現実的にどれほどだったのでしょうか。
コーヒーに含有されているカフェインは、脂肪をすぐに燃焼させるという効果が実験によって明らかになっています。

コーヒーのカフェインの効果が続くのは飲んでから3時間ほどとされていますので、その間に運動を行い脂肪の燃焼を図りましょう。
さらなるダイエット効果を求めるという人は、入浴前に飲むことも良いでしょう。
ここで注意しなければならないことは、コーヒーに砂糖を入れないということです。

コーヒーダイエットによって効果を上げようと思うなら、砂糖は入れずにブラックで飲むか、またはミルクを少々足すだけで飲むようにしましょう。
飲む量は一日三杯〜五杯程ですが、食後に飲むことで脂肪が分解され体に付きにくくなるという効果もあります。

コーヒーダイエットをはじめる時は、アイスコーヒーでは胃腸の動きを妨げますので、ホットコーヒーにすることが重要です。
コーヒーダイエットに適したダイエットコーヒーもあり、ダイエットコーヒーには「クロロゲン酸」という呼び名の成分を入れてあります。

クロロゲン酸は直接脂肪に作用していくので、ダイエット効果が得られるのです。
通常のコーヒーですと、クロロゲン酸の力を体感することは難しいものです。
コーヒーダイエットを試してみる場合は、ダイエットコーヒーを利用すると効率的なダイエットが可能でしょう。